HANDからうまれるHAPPY

ネイルや、ハンドメイドアクセサリー、美容など「手」からうまれるワクワクを綴ります。

オフィスカジュアルの準備で久々にパンプスを買いました

今週から働く職場は、服装が「オフィスカジュアル」です。

仕事を決める際に、仕事の内容はもちろんですが、

服装のことも気になっていました。

 

実はこれから働くところは、

10年以上前にもお世話になっていた派遣元であり派遣先です。

まさか10年以上経って出戻るとは。(だから話が早かったというのもあります)

当時は金融機関を辞めてからの転職だったので、

「オフィスカジュアル」でもとても自由に思えて毎日新鮮でした。

 

しかしその後、

広告制作会社や広告代理店に勤めていた頃は、基本的には「服装自由」。

(もちろんお客さんと会う時にはジャケットは着ます)

いつからかデニムを穿き、だんだんパンプスを履かなくなり、

お客さんとの約束がないとジャケットも着なくなり。

しまいには毎日スニーカー通勤。

数年前まではヒール7cm以上のパンプスやブーツでないと嫌だ、と言っていたのに、

前職を辞める頃にはヒールの出番なんて半年に1回ぐらいでした。

オフィスカジュアルどころか「ただのカジュアル」で長い間過ごしてきて、

今回またオフィスカジュアルに戻ることになりました。

 

「オフィスカジュアル」の定義は会社によってそれぞれあると思いますが、

私が働く職場は比較的自由だと思います。

でも、さすがにデニムはNG。スニーカーは、聞くまでもなく…。

とりあえず服はどうにかなりそうだけど、問題はやっぱり靴だなと考え、

久しぶりにヒールのパンプスを購入しました。

f:id:ttomomix:20171120151548j:plain

黒と、差し色になりそうなボルドー。

デザインとサイズ展開が豊富な「RANDA」で購入しました。

2足買っても13000円ちょっとというお値段がうれしい。

以前は1足でそれぐらいかそれ以上するブランドの靴を愛用していましたが、

今は無職明け。そこまでのお金はかけられません。

 

この「RANDA」のパンプス、優れているのはお値段だけじゃないんです。

インソールのクッション性が高くて、ヒールだけど足が痛くなりにくく、

靴擦れもしにくいつくりになっています。

特に左の黒のパンプスは「走れる美脚パンプス」というコピーがついていました。(走りませんけどね…。)

あと「RANDA」はサイズ展開が豊富なのが魅力。

商品によっては20.5〜26.0cmというのもありますよ。

私は身長のわりに足が小さいのが悩みで、靴選びはいつも本当に大変。

サイズが小さいし、幅も狭い、甲も低い。

幅広・甲高という日本人に多い足とは真逆なんです。

そんな私でも、「RANDA」ではピタッとくるサイズがありました。

結局どちらも22.0cm。フラットな靴はだいたい22.5cmか23cmを履くのですが、

ヒールはどうしても足が前に滑るので、22cmになってしまいました。

身長163cmもあるのになー。

 

という嘆きはさておき、久々にヒールを履くと背筋が伸びて、

これはこれでやっぱりいいもんだなと思いました。

スタイルアップして見えますしね。

いきなり昔みたいに週5は無理ですが、

徐々に慣らして「オフィスカジュアル」を楽しもうと思います^^

 

私は実店舗で購入しましたが、「RANDA」は通販もあります。

アパレルもかわいくておすすめです☆

 

大人可愛いトレンド靴なら『RANDA』!人気雑誌掲載商品も満載★

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【使ってみた】SHAREYDVA(シャレドワ)のネイルマシーン ハンドピース ema

サロン勤務は早々に辞めた私ですが、

ネイルへの思いは冷めていません。

先月末、ネイル用品の問屋さんTATのセールの際に、

ネイルマシーンを購入しました。

 

ネイルマシーンにもいろんな種類があり、

価格も1万円以下のものから7万円以上するものも。

高価格のものは回転数が多い、回転数の調節ができる、

高速回転しても故障しにくい、放熱性能に優れているなど、

フルに使い続けても大丈夫な精度の高い製品です。

何人もスタッフがいるサロンでコンスタントにお客様が入り365日ガシガシ使うのなら、

間違いなく高価格の性能が良いものを使うべきだと思います。

店で使っていたのはウラワのG3というモデルで、

多くのネイルサロンで使われています。

ハンドピースが持ちやすいし振動でブレることもなく、音も静か。

ちょっと使うだけで性能の良さを感じます。

 

私が選んだのは、1万円台という手頃な価格ながら、

正転・逆転もでき、回転数も3000〜20000まで調節可能という

SHAREYDVAの「ハンドピース ema」です。

f:id:ttomomix:20171117133953j:image

さすがに5万円以上のものを買う踏ん切りはつかず…

でも練習や、たまに人に施術する程度なら十分かなと。

見た目もそんなに安っぽい感じもしないし。

強いて言えば、正転と逆転の表記をしてほしいかな…笑

(まあ、左手でマシーン持つことはないですけどね。)

やっぱりマシーンを使うとオフが早いです。

自分では左手にしかできないとしても。

 

 今後、徐々に施術する人を増やしたり、

使うジェルをいろいろ試してみる中で、

マシーンを使っていくのか、それともファイルで削るスタイルにするのか、

判断していこうと思います。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ほうれい線を出さないための、たった1つの習慣

昨年、10年ぶりに以前勤めていた会社の先輩と会いました。

そこで言われたのが「10年前と全然変わってない。ホントほうれい線ないよね!」でした。

30代も半ばを過ぎてくると、ほうれい線が目立ってくる人もいますよね。

 

確かに、私はほうれい線があまりありません。

小鼻の脇に若干影が出るようにはなりましたけどね…。

その先輩も全然ほうれい線なんてないんです。

「先輩もないじゃないですか!」ってツッコむと、

「だってLiiraちゃんに言われたことずっとやってるから!あれ本当だね!」

と言われたのです。

 

「あれ」って何だ…?

と一瞬考えたのですが、当時も私の肌を褒めてくれた先輩が、

「何か特別なことしてる?」と聞いてきたときに答えたことでした。

 

それがタイトルの「たった1つの習慣」です。

特別なものはいりません。ただ毎日、気をつけるだけ。

化粧水や乳液、美容液、クリームなど、

顔に塗るものはすべてほうれい線を引き上げるように塗る。入れ込む。

本当にたったこれだけです。コットンでも手でも同じ。

お手入れの時、手の使い方を意識するだけです。

 

私も10代の終わりか20代の始めごろに、雑誌か何かで読んで始めました。

メイクやスキンケアは好きですが、もともとがズボラな私は、

何か特別なアイテムや複雑なステップが必要になるものは続きません。

この方法は慣れれば無意識に近い状態でできるようになるので、

10何年間も続けられています。

 

化粧品や乳液をなんとなくペタペタ塗っている、

逆に頬から顎にかけて下げるように塗っている、という方は、

一度やってみてください。

手の動きだけなので、お高い化粧品のような即効性はありません。

すでに出ているほうれい線をなくすこともできないと思います。

でも、これからほうれい線が深くなるスピードを緩めることはできるかも…。

ただし、やり続けないといけません。

 

現在私は35歳ですが、年齢を言うと「27、8歳だと思った」と驚かれます。

服装がカジュアルだというのもかなり大きいのですが、

ほうれい線が目立たないことも関係していると思います。(これは先輩が力説していました笑)

 

こうやって無意識にやっていることほど、

積み重なって影響が出てくるものなんだなと考えさせられました!

今使っているアイテムでできるので、ぜひお試しを^^

 

 

トライアルセットで気に入って、

現品を購入したETVOSの美容液も、もちろんこの方法でつけています!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2018年の手帳。何度挫折してもやっぱり「ほぼ日」を使いたい

無事、来週からOLに戻ることになりました\(^o^)/

派遣って話が早いから好き。

高層ビルでのオフィスワークはテンション上がります。

でも何のために派遣で働くことを選んだのかを、忘れないように働きたいと思います。

 

棚上げにしていた来年の手帳問題

これまで広告代理店で働いていた頃は、

1ヶ月の予定と1週間の予定を俯瞰で見られる手帳であれば十分でした。

1日の時間をキチキチに管理しなければいけない仕事よりは、

数日〜数週間という長いスパンでスケジュールを管理する仕事だったので。

でも今後は、仕事のほうはマンスリーで十分ですが、

ネイルの練習のことなど書き留めて、書き溜めていきたいことが増えてくるなと。

実際、今年は無印の手帳を使っていたのですが、

ウィークリーのほうには訓練の内容、自宅での練習の内容、

さらに先生からのアドバイスなどを書き留めていました。

見返してみると、結構な情報が詰まったものになっているんですよね。

 

いよいよ「ほぼ日」の出番か?!

これまで、何度か使ったことのある「ほぼ日」。

でもその度に、1日1ページなんて書くことがない…となり、

一応1年間使い切りはするのですが、後半ほぼ真っ白。みたいな笑

先日も書きましたが、私はチケットとかをこまめに貼っておくようなマメさはないし、

絵を描く趣味もないです。

でも、日々のネイルの練習のことなら書けるかも。

ハンドメイドのアイデア程度なら書けるかも。

そう考え、「ほぼ日」に再挑戦することにしました!

ちょうど来週から仕事が始まるタイミングで、

もういい加減手帳を決めないとなと思っていたところでした。

▼今回選んだのは「カナリア」という発色の良いイエローです。

f:id:ttomomix:20171117143202j:plain

ネットショップでは現在在庫がないようですが、私はロフトの店舗で購入しました。

こないだの御朱印帳といい、黄色が好きなんですよね〜。

なんか、気持ちが明るくなります。

 

今年以上に動きがありそうな2018年に向けて

これまでは仕事以外の予定なんて、別に頭で覚えていられる程度のことでした。

 でもこれからはそうはいかなさそう。

ネイルのセミナーの予定とか、友人の施術とか、問屋さんのセールとか笑、

どんどん書き込んで活用しようと思います。

今のワクワク感を1年間忘れないのがまず第一の目標かな^^;

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CHEMISTRY再始動後初のシングル「Windy/ユメノツヅキ」

大学生の頃からCHEMISTRYが大好きです。

彼らがデビューしたのは2001年。

ちょうど私もその年に大学生になりました。

一緒に年をとってきた、というと言い過ぎかもしれませんが、

子どもから大人になる時期にいつも隣にあった音楽がCHEMISTRYなのです。

5年間の活動休止を経て、11/15(水)にシングル「Windy/ユメノツヅキ」が発売されました。

 

 

  

再始動と今回の新曲についての素敵な記事を見つけました。

この記事だけでウルウルきています。

meetia.net

 

特に初期の曲のタイトルが散りばめられた「ユメノツヅキ」は、

昔からのファンにとってはとてもうれしくて、なつかしくて、

心から「おかえりーーーーー!!!!!」と言いたくなるような曲です。

今年の6月、とあるライブにCHEMISTRYが出演するということで

見に行ったのですが、本当に還ってきたんだ…!と涙なしには見られませんでした。

彼らの生歌は、本当に感動ものです。

デビューした頃とは、音楽業界もかなり変わっていると思います。

CDはなかなか売れなくなっているし。

でも、彼らの本物の歌唱力はきっとまた多くの人の心を動かし、

新たなファンを獲得することでしょう。

12月からライブツアーが始まります。私は3月の大阪公演に参戦予定!

 

 

ちなみにCHEMISTRYが好きというと、必ず「どっちが好き?」と聞かれるのですが、

2人とも好きなんだけどな…。

タイプのちがうイケメン、タイプのちがうオシャレ。

「強いて言うなら顔は堂珍、声は川畑」といつも答えています。笑

 

この5年のブランクの間、

私は米津玄師というすばらしいアーティストを見つけたわけですが、

CHEMISTRYが特別な存在であることに変わりはありません。

www.youtube.com

私はやっぱりデビュー曲が好きです。

www.youtube.com

 

本当におかえりなさい!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ネイル検定2級合格しました!

10月半ばに受験したネイル検定2級。

協会のHPで合否の確認ができるようになり、

無事!合格しましたー\(^o^)/

致命的なミスはなく、時間的にも余裕があったので、もしかしたらいけるかも…

と思っていましたが、本当に良かった。

f:id:ttomomix:20171115113740j:image

合格率は3級が約90%なのに対し、2級は約50%と一気に下がります。

しかも、再受験・再々受験など何回もチャレンジして合格する人もいるので、

初受験でパスできるのってどれぐらいの確率なのかな??と、訓練校の友人たちとよく話していました。

 

たぶん、9月半ばの段階では、合格ラインに達していなかった私。

訓練校での練習で、先生方から細かい点を指摘してもらい、

重点的に練習することで一気に自信が持てるようになりました。

特に、ピンクのポリッシュを早く綺麗に塗る方法を教えてくださった先生には、

感謝してもしきれない…!

この方法を教わったおかげでタイムが一気に縮みました。

 

もちろん、教わって「ふーん、そっか」じゃダメ。

今までのやり方を変えると決めたら、それに慣れるまでとにかく練習です。

私は3級の頃から、授業を終えて帰宅したら毎日最低でもポリッシュ10本、アート1本をノルマにし、

2級からはそこにチップラップも追加しました。

短期間にガッと詰めてやるタイプの人もいると思いますが、

私は無理のない量を毎日継続する派。

ポリッシュの塗り方を変えるとなってからは、

1本1本、ポリッシュの量やハケの運び方を確認しながら練習しました。 

毎日ネイルに触れていたことが良かったのかな、とも思います。

 f:id:ttomomix:20171115123444j:image

爪が欠けたり割れたりして大変でしたが、

モデルにも感謝感謝です!

 

自分の「違和感」を大切にしようと思う

ネイルサロンでの研修が始まる前。

「研修中にお互い見極めるっていうイメージで、やりましょう」と経営者が言いました。

で、それから3週間。私は見極めました。

ネイルサロンで働くのは、やめました。

 

業界の常識、慣習

前にも書いたとおり、研修中は無給でした。

まだお客様からお金をもらえる技術もないし、

営業時間中に席も道具も貸して、無料のモデルさんを施術してるのだから。

というのがおそらく店の考えであり、この業界の慣習みたいなものです。

訓練校の先生からも、大半のサロンはこのような方式だと聞かされていました。

でもいわゆる”普通の企業”に未経験で入社したって、

「まだ仕事覚えてないから」なんていう理由で、無給で働かせたりしないですよね。

ただ、私も美容業界ってこういうものなんだと一旦は割り切っていました。

デビューまでそんなに時間はかからないと思っていましたし。

 

しかし、ふつふつと湧いてくる疑念

私は職業訓練校を出ているので、

雇用保険のある事業所への就職を強く勧められていますし、

私自身も、これまで会社勤めをしてきて社会保険のない会社なんて考えられないので、

募集要項に「社会保険完備」と明記しているサロンにしか応募していません。

しかしある日経営者と話した時、近くにいた若いスタッフのことを見て

「若い子たちは保険なんて関係ないって感じだし」と一言。

バイトとはいえ、ほぼフルタイムで働いているのに?

正社員として社会保険が適用されているスタッフもいるようでしたが、

結局どの時点から適用されるのか、答えをはぐらかされた感じ。

未だにどれぐらいのスタッフに適用されているのかも、わからないままです。

この一件で、このサロンは従業員の無知と経営者の怠慢で成り立っていると感じ、

ここで頑張ろうという気持ちがサーーッと引いていきました。

 

ネイルは大好きだけど

この年齢から、薄給を修行中だからと我慢し、

家族との時間まで犠牲にしてやっていくと思っていたけど、

経営者が最低限のことすらしていないのでは?と思いながら、

その経営者の顔色をうかがって働きたくありません。

薄給でも雇われることのメリットって、

個人では整えられない設備や材料を使えたり、

多くのお客様と出会えたりというのもありますが、

福利厚生も大きいですからね。

もうそろそろデビューの話になるかもしれないというタイミングだったので、

中途半端にお金もらわないうちに辞めよう、という判断になりました。

スタッフは本当にいい人ばかりだったので、残念です。

 

気持ちは前向き

経営者は判断が早すぎると激怒していましたが、

今後もし雇用契約を結ぶとなれば、どちらにせよそのときに揉めるのは確実。

むしろ早く手を引いてよかったと私は思っています。 

では他のサロンに入るのか?というと、答えはNOです。

もちろん研修中から賃金を払い、

本当に社会保険を完備しているサロンもあるにはありますが、

ネイリストって雇われでやる仕事じゃないな、というのが現在の結論。

しばらくはOLに戻って、自分で技術向上に励みながら、

個人事業主として独立するための資金をつくっていきたいと思います。

 

最後に

サロンに迷惑をかけてしまい、申し訳ないという気持ちは、もちろんあります!

業界の人たちには「甘い」と言われるかもしれません。

でも、おかしいものはおかしいのです。

これまでの私なら「おかしい」と思っても、

これが慣習なのだから仕方ないと我慢しようとしたと思います。

でももう10数年間働いて、いろいろ経験してきたのだから、

そろそろ自分の感覚を信じます。

自分の中に生じる「違和感」を、「そういうものだ」とすぐに押し込めずに、

向き合っていかないといけない。

大切なことに気づけた3週間でした。