HANDからうまれるHAPPY

ネイルや、ハンドメイドアクセサリー、美容など「手」からうまれるワクワクを綴ります。

米津玄師の美しき才能

2年半ほど前から大ファンになったアーティストがいます。

ちょうどその頃からCMのタイアップがあったり、

今年に入ってからは、人気アニメの主題歌を担当したり、どんどんメジャーになっていってます。

最近、俳優の菅田将暉さんとのコラボで話題になりました。


米津玄師 MV「 灰色と青( +菅田将暉 )」

米津玄師さんです。この動画、公開されて1日で100万回再生されたそうです。

彼はまだ26歳ですが、メジャーデビュー前はボカロP「ハチ」として活躍されていたそうで(私はネット界の文化にはかなり疎いです)。

 

この夏にはDAOKOちゃんとのコラボもありました。


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

 

あと、私はよくわからないんですけど、「マジカルミライ」の主題歌も。


ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」HACHI / DUNE ft.Miku Hatsune

 

作詞、作曲、編曲、イラストレーションなどクリエイティブのほぼすべてを自分でするという、本当に「アーティスト」という呼び名がふさわしい方です。

私は音楽の専門的な知識がないので、彼が紡ぐ音やメロディーの素晴らしさを説明することは残念ながらできませんが、

彼の曲を初めて聴いた時に「こんな歌、聴いたことなかった!」と、頭を何かでガーーーン!と殴られたような衝撃がありました。

そういった直感的な驚きと、後々歌詞を読んだときの表現力、発想力、語彙力の高さへの感心とで、一気に全部の曲を聴きました。

どんなに好きなアーティストでも、1曲ぐらいは「んん〜これは…(微妙)」みたいな作品があるかと思うのですが(私は他のアーティストではあります)、

彼は、ないです。そこも素晴らしいと思います。

もちろん彼の創造力には到底及ばないのですが、

私も会社員時代に、広告業界でものをつくることを生業にしていたので、すごく刺激になりました。

ものづくりをしている人には、本当に感じるところのあるアーティストではないかと思うのです。

 

私が衝撃を受けた曲です。

2〜3ヶ月間、移動中これだけをひたすらリピートしていました。


米津玄師 MV「Flowerwall」

もう1曲。


米津玄師 MV「アイネクライネ」

 

年齢やメジャーになった過程からして、ファンはかなり若い人が多い印象。

私は彼のファンになってもボカロやアニメには特別興味はわいていないのですが、

どんなものとタイアップしても、彼の曲は聴き続けたいなーと思っています。

11/1にアルバムが出ます。最初に紹介した、菅田将暉さんとの曲も収録されています。

  

イラストレーションも独特の世界観があります。 

私はもちろんアルバム予約済みです!

毎日「灰色と青」を観て、楽しみに待っています。