HANDからうまれるHAPPY

ネイルや、ハンドメイドアクセサリー、美容など「手」からうまれるワクワクを綴ります。

【使ってみた】秋の夜長。早起きするのが辛くなってきたら光目覚まし

新しい環境で疲れているせいか、夜はすぐに眠くなります。

ずいぶん夜が長くなり、朝起きてもまだ暗くて「夜やん!」と思うほど。

「目覚ましなんてかけなくても自然に目が覚める」というような、

早起きが習慣化されている人に憧れます。

早起きとはいえ、私は午前6時前に起きる程度のことなのですが、

まだまだ目覚ましが必要です。

 

私は子どもの頃から寝付きが悪く、眠りも浅いタイプ。

睡眠については若い頃からいろいろと本を読んだりしてきたのですが、

必ずと言っていいほど書いてあるのが、「起きたら光を浴びること」でした。

 

ちょうど去年の今頃。

何重ものアラームに頼ってなんとか起きている毎日でしたが、

パンパンのスケジュールからくる疲労とストレスがピークに。

いつか仕事に穴を開けてしまうのではないかと不安になり、

何か良い方法はないものかと考えていました。

そこでふと思い出した「光」の存在。

冒頭のように、11月ともなれば早朝は真っ暗なので、

朝日を浴びて起きることはできません。

だったら、コンセントタイマーか何かでベッドサイドのライトをつけたらいいのでは?と考えたのですが、

調べたところ、朝日に相当する光ってかなり強いんです。

寝る前につけている暖色のライトの光量なんて話になりません。

 

さらに、外国では光が出る目覚まし時計があるという情報を得て、

たどり着いたのが「inti SQUARE」という光目覚まし時計。

 

これ、25,800円の目覚まし時計です。高いですよね。

→2018年10月3日訂正:現在販売されているinti4は27,700円(税抜)

私も値段に驚き、もちろん買うまでしばらく迷いました。

でも毎日使うものだから、25,800円÷365日=1日あたり70.7円と考えれば、

→2018年10月3日訂正:27,700円÷365日=1日あたり75円

そんなに高くないかもしれない…と自分に言い聞かせ笑、購入!

3ヶ月間試して効果が出なければ、返品と全額返金に応じてくれるというのも安心材料になりました。

(※無条件ではありません。きちんと条件がありますので事前に必ず確認してください)

 

2018年10月3日追記:

現在、「inti4」は特別価格19,800円(税抜)で販売されています。期間限定のため、この価格は予告なく終了することがあります。

 

 

でも、使ってみた結果、返品するなんて考えられません!

起きる予定の30分前からジワジワと光が発生します。

いきなり強い光が出るのではなく、夜明けのようにあくまでジワジワと。

そして、起きる時間には強い光が顔にパアァァァァーーーーーーっと降り注ぎます。

LEDなので熱くないですし、明るさを保ちながらも目に優しい設計なのがうれしいところ。

光量は朝日と同等の最大20,000ルクス。

正直めっちゃまぶしいです。でも目が開けにくいとか痛いとかはありません。

 

光に慣れるには個人差があるそうで、長い人で3ヶ月ぐらいかかるそうです。

だから、返品・返金も3ヶ月経ってから。

私の場合、1週間ほどで光を感じて目が覚めるようになりました。

ちょうど1年ぐらい使っていますが、

冬はもちろん、それ以外の季節でも天気の悪い日などは抜群に効果を感じます。

私はまだこれだけではさすがに心許なく、保険として無印良品のアラームをつけていますが、

最近は光で先に目覚め、アラームが鳴る前に止めることも多いです。

(ちなみにinti SQUAREにもアラームが付いていますが、大音量!)

 

このinti SQUARE、夜勤など仕事の都合で、

外が明るい時間に寝たり起きたりする人にも支持されています。

目覚めの光は体内時計を整えてくれる効果もあるので、

不規則な生活をしなければならない人にこそオススメですよ。

 

ストレスを感じると必ず睡眠に影響する私は、

もうinti SQUAREを手放せません。

もし壊れたら、その時販売されている最新のものを買います^^

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村