HANDからうまれるHAPPY

ネイルや、ハンドメイドアクセサリー、美容など「手」からうまれるワクワクを綴ります。

米津玄師「Flamingo / TEENAGE RIOT」フラゲしました&ライブ行ってきました

※今日はネイルやハンドメイドの話はありません

ライブに行ってきました。

10月28日、幕張メッセで行われた「米津玄師 2018 LIVE / Flamingo」。

幕張メッセに行くこと自体初めてで、オールスタンディングということはわかっていたものの、何人ぐらい入るのかまったく想像もつかないまま参戦。

朝10時が物販スタートで、会場到着が10時40分ぐらいだったのですが。。すでに長蛇の列で…びっくりしました。

いやライブ17時からやで…と思っていたのですが、こんなものなんですかね。

 

ライブは2万人収容。後ろのほうのブロックだったので「ステージ遠っ!!!」と思ったのですが、演出が本当にすばらしくて。

本人が小さくしか見えなかったことに対する残念さはさほどありません。

ダンサーの方々のパフォーマンスや、映像や光を使った演出、レモンの香りなどなど…ライブ会場でしか味わえないものってたくさんあるのだなぁと思いました。

 

ライブというものにまだ慣れない

私は米津さんだけでなく、他のアーティストのライブにも行き始めたのはここ2年ほどのことで、こういう場にまだ慣れられないでいます…

これまではCDやらなんやらで1人で楽しむだけだったのですが、3年半ほど前に米津さんのファンになってからというもの、どうしても生で見たいと思うようになりました。

それぐらい惹かれるものがあるんです。

結局なかなかチケットを取ることができず、今まで行けたのは16年のサマソニ(大阪)と、今回だけ。

その間にめちゃくちゃ有名になり、今後もっとチケット激戦なんだろうなぁ…。

でも次回も絶対に行きたい。

 

ライブに行って感じたこと諸々

ファンって若い子ばかりかと思いきや(もちろん多いですが)、わりと上の年代の人や親子連れもいたりして、幅が広かったです。

あと若い男の子で、髪型やファッションまで真似している人が結構多くてびっくり…ミニ米津がいっぱい。

多方面での影響力の大きさを感じました。いやすごいわ。

そして、30代半ばでオールスタンディングはきつい。。

ライブ中からひどい腰痛!あと、足の裏がもう痛くて痛くて、、20代の子たちは大丈夫なんだろうなぁ。

でも次回も絶対行きたい。

 

そして今日は新曲フラゲ日です

ライブ前に新曲「Flamingo」のMVが公開され、


米津玄師 MV「Flamingo」

 

ライブ翌日に同じく新曲の「TEENAGE RIOT」のMVも公開。


米津玄師 MV「TEENAGE RIOT」

どちらもライブで歌ってくれましたが、CDも待ちわびていました。

朝イチで届くというラッキーもあり、到着してから今もずっとループしています。

これだけでもフリーランスになって良かったと思いました。笑 しかも今日は休みで、さらに良かった。

 

「Lemon」で米津さんのことを知った人は、特に「Flamingo」を聴いたらびっくりするんじゃないかと思いますが…

でもこれが彼らしいというか、そうそう、こういうの待ってた!こういうのじゃなくちゃ!と思いました。

昔のアルバムに入ってそうな曲。千鳥ノブ風に言うと「大クセ」の曲だと思うのですが、2回目3回目と聞いてみたくなり、ハマります。

 

別にどっちが良いとか悪いとかではなく、ドラマのために書き下ろすとなれば多くの人に受け入れられる曲をつくり、制約なくつくれるとなればらしさ全開でつくれるという、幅の広さがクリエイターとして素晴らしいと思うのです。

ライブで「変化していくことが美しい」と語ったように、昔のアルバムに入ってそうと思わせる曲でも、どんどん変化していく彼の”今”が詰まっていると思うと、もっと噛み締めて聴きたくなります。

初回盤には次のライブの先行予約のシリアルが。当たるといいな。